ココレシーバー

SIPで動作する音声自動応答装置(IVR)を開発するためのソフトウェアです。 音声ボードを利用して、IVRソフトを構築されたことがある開発ベンダ様であれば、ボード用のドライバをココレシーバのActiveXに置き換えることで、容易にSIP対応のIVRを作ることができます。

ココレシーバを使って開発されたIVRの特徴
1.自動応答しているお客様をオペレータにつなぐ際に、SIPの転送シーケンスを使用して転送することができる。
2.転送処理が完了後、回線をIVRから開放できるので転送後の負荷が一切なくなります。
導入実績
テレフォンバンキングの自動電話受付システム
在宅コールセンタのセンタ側設備
商店街向け外国人サポートダイヤルシステム
病院待合室用順番通知システム
大手都銀の店舗案内システム(音声認識)
道路情報案内システム(音声認識)
安否確認発信システム
調剤薬局向け薬剤師呼出受付システム
IT系企業技術相談受付システム
一般オフィス向け自動電話受付システム
テレマーケティング会社
など...
ココレシーバを利用した製品例
GUIスクリプトエディタ付きIVRソフトウェア: SIP版VoiceNavigator2000 立羽システム株式会社
http://www.tateha.com/ie/index.html
音声認識システム: NetPeople イナゴ株式会社
http://www.inago.co.jp/jp/technology/cti.html
IVRのASPサービス: 「あっちゅうま」シリーズASPサービス 株式会社タイムアンドトライ
http://www.tandt.co.jp/asp/index.html

ページTOPへ